カルシウムをとるなら忘れずに!ビタミンDのお仕事

しるみんです。
「骨対策とかでカルシウムのサプリ買ったから完璧」
という方の話を聞きました。

カルシウムのサプリも大事ですが、
カルシウムを吸収する上で忘れてはいけないのがビタミンDの存在です。
今回はビタミンDの働きについて確認していきましょう。

ビタミンDは、そのままでは仕事をしてくれませんが、
体のいくつかの臓器でいわば改造されて、「仕事するモード」に切り替わります。
そういう活性状態になったビタミンDは、腸内でのカルシウムの吸収を助けます。

血中のカルシウム濃度をチェックして、
もしその濃度が低い場合、腸管からカルシウムが吸収される際に必要な
タンパク質を合成を促進したり、濃度が高いようならその働きを抑えたりして、
血液内のカルシウム濃度が一定になるように調節する役割も持ちます。

なので、カルシウムをとるときには、必ずビタミンDもいっしょにとるようにしましょう!
効率は何事にも重要です。

ビタミンというと野菜、というイメージも多いかもしれませんが、
野菜類にはあまり含まれていないことが多く、魚類、キノコ類に多く含まれます。
よく栄養学の教科書など見ると、肝に多いなどとあったりしますが、
なかなか口にする機会はありませんよね…。私だけ?

ビタミンDの特徴の1つに「人間でも自身で合成できる」という点があります。
ただ、何もしないで「ビタミンDよ、うまれろ~!」と念じても…できません。

ビタミンDの合成には紫外線が必要です。
え!?紫外線!?…そう、皆さんが敬遠する、あの紫外線です。

実際に、働く女性やママ世代の方を中心に、
ビタミンDの産生量が大幅に足りず、
骨の強化ができていないという報告もあります。
なぜなら、紫外線を日焼け止めなどでブロックしてしまうからです。

なので、日光浴をする習慣のある方、仕事柄屋外にいらっしゃる方は、
ビタミンDについては不足する心配がかなり減ります。

夏の強い日差しではどうしても日焼けしてしまうので
そこに飛び込んでいくには勇気がいりますが、

夏場の曇りの日なら数分だけ日傘を外すとか、
外に出る場所が日陰の屋外と分かっているなら日焼け止めをあえてしないとか、
今日は片足だけ日焼け止めしない、とか…

お肌ににっくきあの紫外線と仲良くなることで、
ビタミンDの合成が促され、ひいては骨を強くすることにつながります。

もちろん、夏の熱中症対策には十分気を付けましょうね。

冬場だと小一時間程度必要になるようなので、通勤や散歩など、
定期的に屋外に出ることのある方は上手に取り入れてみましょう。

また、日光を浴びることに抵抗をある方ももちろんいると思います。
かわりに、食材に日光浴してもらいましょう。

栄養成分やうまみが凝縮されるという話はよく聞くと思いますが、
キノコ類やイワシなど、もともとビタミンDが含まれている食材を日干しすることで、
可食部あたりのビタミンDの量が大幅に増えることが分かっています。

「じゃあどうして日光浴しろとか言うんじゃ!」という声も聞こえそうですが、
食材だけの日光浴では体内でのビタミンDが作られません。
それだけビタミンDの体内での生産は重要なんです。

どうしても難しい方はサプリメントをとるのも選択肢ですし、とり方の工夫も重要です。

ビタミンDは脂溶性のビタミンです。
油と一緒にとることで、吸収効率がアップします。
肉類と一緒にいためたり、天ぷらなどもいいですね。…ダイエット中の方はほどほどに。

まとめ
カルシウムの吸収にはビタミンDが重要な働きを持つ。
ビタミンDの合成には紫外線が重要な働きを持つ。

しるみんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました