できれば妊娠前から補給しよう!薬剤師と学ぶ葉酸のススメ

しるみんです。

「サプリを選ぶとき、鉄分と一緒に葉酸をとることを勧められたけど、葉酸って何?」
「なんで葉酸が大事なの?」
そんなあなたのような子羊さんのために、葉酸の基本をご紹介したいと思います。

この記事でわかること
葉酸の基本的な知識
とり方、注意点
私と葉酸のおもいで

タンパク質の合成に葉酸が必要

葉酸は、その名の通り、葉っぱから発見されたビタミンの1種です。
ほうれん草から発見されました。
あまりなじみはありませんが、「ビタミンB9」とか「ビタミンM」とか言うこともあります。
…あまりないけど、本当に言うんです。

葉酸の働きは、アミノ酸や、DNAの元となる核酸の合成を助ける というものです。
DNAは聞いたことありますよね。遺伝子の中に含まれる、あれです。
タンパク質をつくる設計図と言ってもいいでしょう。
アミノ酸もタンパク質そのものの材料です。
生命が成長していくために必要な細胞分裂に大きく関与するビタミンなのです。

妊活に必須の栄養素

そして、妊娠したい、あるいは妊娠してそのお腹にいるお子さんが元気に育ってほしい、
そんな願いでいるプレママさん・ママさんにうってつけのビタミンでもあります。
なぜかと言うと、胎児の細胞分裂や成長に葉酸が欠かせないから。

葉酸の定期的な服用により、お子さんの二分脊椎症の発症を大きく抑えることができると言われています。
ここでは詳細な記載は避けますが、二分脊椎症とは、神経を閉まっておく管が閉まりきらないままになってしまう
先天的な病気です。

通常の女性の推奨量は1日当たり240μgとされていますが、妊婦・妊娠を計画している方は400μg
ほぼ倍量葉酸をとることを勧めています。
すべての妊娠が計画的とはいかないことから、妊娠の可能性のある世代の女性には一律に
多めの葉酸をとってほしい、という声もあります。

妊婦さんはレバーは注意!

葉っぱから見つかった、と書いておいてなんですが、
可食部あたりの含有量だと、圧倒的にレバーの方が多いです。
でも、妊婦さんはレバーのとりすぎは注意を受けるので、
やっぱり葉物野菜か、サプリメントでの補充が現実的ということになります。
ほうれん草、芽キャベツ、モロヘイヤ、枝豆、のり、
ブロッコリーや菜の花などにも豊富に含まれています。

葉酸は水溶性ビタミンなので、料理するときはゆで汁で失われがちです。
スープにするとか、蒸すなど、調理法にひと工夫が必要です。
また、光の影響も受けやすく、買った野菜などは早めに冷蔵庫に入れるのがよさそうです。

サプリのみならず、医療用の葉酸というのもあります。
医療用でもらえる葉酸の薬は、どれもこれもまっ黄色です。
直接もらう機会はありませんが、注射も黄色いです。
で、光により分解するので、光を避けて保存するよう言われます。
あまりむき出しで葉酸の薬を持ち歩く、ということはないかもしれませんが、
毎日の保管も、戸棚にしまうなどして注意しましょう。

しるみんの思い出

妊活を頑張っている店舗のスタッフさんに、もらった葉酸を粉にして用意していたことがありました。
しるみん、魔法は使えませんが、その頑張りにほだされて、「どうか素敵なお子さんに恵まれますように」
なんて念じながら作ったものです。

きっとその想いが通じた…わけではなくて、そのスタッフさんが辛く長い妊活を続けてたからなんですが、
見事その方は元気なお子さんを産んで、今は育休も明けて、また店舗で仕事してます(笑)
産休で職場を離れるときは泣いて感謝してくださって…薬剤師冥利に尽きる瞬間でした。

お子さんもママに似て、元気でかわいい子なんだろうな…

葉酸のとりすぎによる過剰症

ああ、思いっきり話がずれていますね。
そんな葉酸ですが、「それならばサプリでたくさんとろう」というのはちょっと待ってください。
食事で葉酸をたくさんとるのは確かに大変なので、
サプリの併用は決して悪いことではありませんが、過剰症にも注意が必要だということです。
1,000μgを超えると、呼吸障害やかゆみが出たり、お腹のお子さんの喘息様の症状の発症率が高くなると言われています。
なので、国が推奨するラインをしっかり守って、継続服用するのが大事です。

まとめ

葉酸は妊活の必須アイテム
でもラインを守って、とりすぎ注意

しるみんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました