脚気が日本でも再流行するかも!?薬剤師と学ぶビタミンB1

しるみんです。

今回はビタミンB1について取り上げていきます。

「不足するとどんな症状になる?」
「ビタミンB1をとるために気を付けることは?」
そんな疑問にお答えできればと思っています。
また、栄養学のテッパンエピソードもご紹介しますね。

ビタミンB1不足による症状は人種により差がある

ビタミンB1は、日本で発見されたビタミンです。
正確には、その当時に「ビタミン」と名付けたわけではありませんが、
この成分をとることで江戸時代から死病と恐れられた
脚気(かっけ:多発性神経炎)の治療に有効ということを発見しました。

脚気の主症状は、神経障害、手足のしびれ、倦怠感などです。
深刻な場合、心肥大や呼吸困難を起こして死亡します。

また、中枢神経が影響を受けるとウェルニッケ脳症という病気となり、
時間や空間の認識エラー、記憶障害、眼球運動障害などが起こります。
どちらかというとアジア系は脚気、西洋人はウェルニッケ脳症が起こりやすいです。

江戸時代から明治にかけての脚気対策

江戸時代に流行したのは、江戸では初期から精米を食べる習慣があり、
地方では雑穀・玄米を食べていたためです。
江戸に行くとかかる風土病、「江戸わずらい」とさえ言われており、
実際に地方に戻ると治ってしまったそうです。

白米がどんどん広まるに従い、脚気は結核なみの死亡率を誇る病気になりました。
その傾向は明治時代にも治まることはなく、
特に大日本帝国軍は航海中の船員が脚気による大打撃を受けました。

海軍軍医の高木兼高は、いちはやく食の西洋化を訴え、
白米中心の食事を肉食中心のそれに切り替え、
ほぼ半数がかかっていた海軍内での脚気になる確率を20分の1に抑えます。
(…白米よりは肉の方がビタミンB1がとれた、ということです。
西洋化したのが功を奏したのは、ある意味ラッキーとも言えます)

また、これがきっかけで海軍カレーが生まれました。

仲が悪かった陸軍は、根拠なくそれに対抗し、
「陸軍に入隊した者は腹いっぱい白米を食べられる」キャンペーンを張ったため、
脚気対策が海軍より30年近く遅れたそうです。

飽食の時代、フードロスが叫ばれて久しいですから、
脚気なんて過去の病気、と思われたあなたは要注意かもしれません。

近年、脚気がまた起こるかもしれないと懸念されているのです。
脚気の予防に欠かせないこのビタミンB1は、玄米に多く含まれ、
精米することで8割以上失われてしまいます。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンです。
裏を返せば、糖質の代謝にビタミンB1は欠かせないとも言えます。

ウェルニッケ脳症も、アルコール中毒の患者に多いことが分かっています。
米もアルコールも糖質ですから、それらの代謝でどんどん消費されていくと、
ビタミンB1欠乏症であるこれらの病気が起こりやすくなってしまいます。

また、インスタント食品中心の食生活も、その傾向に拍車をかけます。

慢性的な栄養不足が病的なレベルである場合、
医療機関で総合ビタミン剤の点滴を使用しますが、
その中にビタミンB1が積極的に入れられるようになったのは、
実に平成に入ってからのことでした。

納豆ご飯にはアサツキを

…歴史的なお話が中心になってしまいましたが、
ビタミンB1は、玄米や粟、稗(ひえ)などの雑穀、豚肉の赤身を中心とした肉類、
納豆、小豆などの豆類などに含まれます。
白米もいいですが、最近は手軽に雑穀を混ぜて炊くことができる
パックなども売られています。
食べ慣れない場合は規定量より少なめから混ぜてみましょう。

しるみんは結構雑穀ご飯が好きです。意外に気にならなくなってきますよ。

どうしても白いご飯が食べたいなら、納豆と一緒にどうぞ。納豆ご飯おいしいですよ。
ネギとかアサツキあるともっといいです。味的にもいいんですが、栄養学的にも最高です。
ネギやニンニクに含まれるアリシンという成分が、
血中でのビタミンB1を壊さずにキープする働きがあります。

同じ理由で、豚肉は玉ねぎやニンニクと相性がいいです。
本来ビタミンB1は過熱や空気にさらされることで壊れやすいのですが、
豚肉は種類によってはしっかり加熱が必要で…悩みの種ですね。

まとめ

糖質の消費が多い日本人には、特にビタミンB1が欠かせません。

お腹すきました。納豆ご飯食べます。
しるみんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました